癌の転移を未然に防ごう|早期発見が大切です

先生

がんの治療方法

がんの三大治療方法とは

看護師

がん治療にはいくつかの方法があり、特に手術と化学療法、放射線療法はがんの三大治療方法といわれます。最も一般的なのは手術です。患部を除去して治す方法で、多くのがん治療で行われ、特にがんが初期の段階である場合は、かなり効果のある方法です。しかしある程度がんが進んで手術が難しい場合、また、手術をした後での転移を防ぐ意味で、手術以外にも化学療法や放射線療法が行われます。これらの治療方法は副作用が出る場合もありますが、即効性があるという利点があります。とはいえ患者への負担が大きいため、最近では、それに代わるがん治療方法が行われるようになっています。その方法とは、免疫療法と呼ばれるものです。

免疫療法とはどんなものか

免疫療法というのは、患者本人が持っている免疫細胞を活かして、がん治療を行う方法です。まず患者から採血をして、免疫細胞を取り出して増殖させ、それを再び体内に戻すというやり方です。体内に注入する場合は、通常は点滴が行われます。また免責療法にもいくつか種類があり、どのようながんであるかに合わせて、それにふさわしい種類の方法を選ぶ仕組みになっています。本人の細胞を使うわけですので、化学療法や放射線療法のような副作用が出にくく、体に負担をかけずに済みます。また治療方法も点滴だけなので簡単です。その一方で、がんが進行しないうちに細胞を取り出す必要があること、そして、現在は保険適用がされないため、こういう点の改善が今後の問題であるといえます。