癌の転移を未然に防ごう|早期発見が大切です

先生

免疫細胞を用いる治療

必ず行うと良い治療方法

女性

免疫細胞治療とは、自分自身に存在している免疫細胞を活発化させてがん細胞を小さくする治療方法のことです。大きく成長してしまったがんの場合は時間を要しますが、体のいたるところに転移した小さながん細胞への攻撃は効果的に行います。免疫細胞治療以外のがん治療法穂には化学療法がありますが、化学療法は効果が早い代わりに副作用の心配がされています。がんの特徴や治療方法の特徴を考えた上で、免疫細胞治療と化学療法を組み合わせて行うとより良い治療ができます。がんは再発しやすいのですが、その原因は目に見えないほど小さながんが体内に残っているからです。免疫細胞治療は目に見えないほど小さながんを攻撃する働きが高いので、がん治療に必要不可欠な治療方法です。

体内にある細胞を用いる

免疫細胞治療には樹状細胞ワクチン療法・NK細胞療法・ガンマデルタT細胞療法・アルファベータT細胞療法・CTL療法など、さまざまな種類があります。この中でもよく見聞きされるのが、樹状細胞ワクチン療法とNK細胞療法です。樹状細胞ワクチン療法では、樹状細胞でTリンパ球へがん抗原を攻撃するよう指示します。Tリンパ球はもともと体内に存在しており、がん細胞を直接的に攻撃する働きがあります。NK細胞療法は、人体のリンパ球に存在するNK細胞を活性化・増殖してから体内へ戻すという療法です。NK細胞はがん細胞だけでなく異常な細胞の全てを攻撃する働きがあり、見つかりにくいがん細胞も見つけて退治します。免疫細胞治療はもともと体内に存在している免疫細胞を用いるので、副作用の心配もなく化学療法より安全だといわれています。