癌の転移を未然に防ごう|早期発見が大切です

女性

早期発見が大事

癌の転移を防ぎたいと考えているのであれば、必要な知識を覚えておくようにしましょう。詳細情報はこちらになります。

定期検診の重要性

女の人

癌は細胞が過剰に分裂を繰り返したものです。正常細胞としての限界を超え、周りの細胞を壊してでも自分が増えようとします。よって発症部位により臭いが異なるとも言われています。末期になれば人間の鼻でもはっきりわかります。癌が増殖するためにはエネルギーが必要です。体は血管からエネルギーが使われるため、癌では勝手に血管増殖を起こしエネルギー補給源を確保します。細胞が密集してくると血液を通して転移し新たな住処に移動します。どこかに転移すると全身にがん細胞があると思っていいため治療が困難になります。癌が転移する前に早期発見することが大切で、健康意識の高い方は定期的な人間ドックを受信しています。人間ドックは何も異常がないと全額負担ですが、何かあると保険適応されます。

発見率は上がってる

癌が全身転移する前に早期発見する啓発運動がされています。その効果もあり早期発見者数は増加しました。ただある程度進行したケースではこれだけ薬が開発されているにも関らず、あまり増加していません。肺や肝臓、大腸などに癌ができると比較的早く転移します。また細胞分裂の早い若者、特に乳児では数か月で死亡することもあります。逆に高齢者で発見された場合、薬で治療と体に負担がかかり、癌か寿命かどちらが早いかわからないくらい増殖が遅いです。そのため、体に異変を感じた場合は、なるべく早くに内科のある病院で検診を受ける必要があります。病院で行われている定期健診や人間ドックに行くのもいいでしょう。癌は早期に発見すればするほどリスクを回避することが可能になり、かつ治療費も高額になることがありません。早期発見は身体的にも経済的にもメリットがあるので、できるだけ定期的に健康診断を受けるようにしましょう。もし癌が発見された場合や転移が確認されたときは、医師や家族と相談して、自分が納得のいく治療法を受けることが大切です。

癌治療第5の柱の候補に

医者

先進医療の免疫療法は、従来の癌治療にはないメリットがたくさんあります。他の癌治療法とも併用できますし、最後の手段として免疫療法にトライする患者さんも増えています。エビデンスが認められれば、今後癌治療の第5の柱になる可能性はおおいにあります。

» 詳細

がんの治療方法

看護師

がん治療には手術や化学療法、放射線療法があり、化学療法や放射線療法は手術ができない場合、あるいは転移を防ぐ場合に用いられます。副作用が出ることもありますが即効性に優れています。最近では、自分の細胞を使って治す免疫療法もあります。副作用が少なく治療も簡単ですが、もちろん今後改善されるべき点もあります。

» 詳細

免疫細胞を用いる治療

女性

免疫細胞治療といっても、使用する免疫細胞によって治療方法や特徴が異なります。化学療法は副作用の心配がありますが、免疫細胞療法は体内に存在している免疫細胞を用いるので安全性がとても高いことで知られています。

» 詳細